衣装

キャバクラなどで働く女性が身につけている衣装
キャバクラなどで働いている若い女性が仕事の際に身につけているのがキャバドレスと呼ばれているタイプの衣装です。このキャバドレスは月刊誌で人気モデルが着用したことによって一気に人気に火が付きました。
基本的な派手なデザインのものが多く、肌の露出が多いのが多いのですが、リーズナブルな値段のものが多いと言われています。
お客にとってはアフターなどをすることによっていつもとは違う私服を見ることが出来ますのでこれが魅力的だと感じている人も多いです。

昼キャバやガールズバーとは異なった衣装で働いているのがキャバ嬢の特徴です。このキャバドレスを見ることができるのがキャバクラの特徴です。

キャバクラのお店とは

男性客の横に座ってサービスを行うお店
昼キャバやガールズバーなど男性客と接しながらサービスを行うお店は多いのですが、その中でも一番有名なのがキャバクラです。キャバクラはキャバ嬢と呼ばれている女性が男性客の隣に座って接待しサービスを行うお店です。
キャバクラの語源とされているのがフランス語のキャバレーと英語のクラブを合わせて作られた言葉です。キャバクラの特徴としては時間制で行っているのが特長的なお店で、そこがホアkのジャンルのお店とのお大きな違いです。
キャバクラの特徴としてはお見せに来る男性客に気分よく夢のひとときを過ごしてもらうことが目的としているお店が多く、女性と楽しくお酒を飲みながら会話を楽しむことができます。

また、キャバクラは風俗店ジャンルの店舗ですので、自分の好きな女の子を指名してその女の子と楽しく会話をしながら楽しむことができます。

キャバクラとは違う接客

新しいジャンルの店舗
昼キャバのようなキャバクラのお店とは違って男性とテーブルごしに接客するのがガールズバーの特徴です。ガールズバーの大きな特徴としてはバーテンダーが女性中心のお店として有名です。ガールズバーはお客の隣に座るのではなくカウンターごしに接客するのが基本的な働き方です。
ガールズバーの誕生は2006年半ばに大阪で誕生したと言われています。その後大阪や東京などの有名な都市部に数多く存在していたのですが、現在では全国各地にお店が存在しています。
基本的にはショットバーのようなお店なのですが、キャバクラのように女性が接客していますのでキャバクラとショットバーの中間的なお店と言えます。ガールズバーは女性の入店が認められているお店も存在しています。

料金は基本的に時間で決められており、そこからドリンクやつまみやサービス料が加わります。お酒もキャバクラほど高くありませんので気軽に利用できるお店として有名です。
お店の中にはコスプレがあったり服装が過激なお店になってきますと料金もそれなりに高くなってくるお店が多いです。
お店によってはカラオケのサービスがあったり飲み放題のプランが有るなどの特徴があるお店も存在しており、お店ごとに異なった楽しみ方ができます。